歯科に行って虫歯を治す~虫歯治療対策ナビ~

歯医者

どのような治療

医療器具

インプラントが天然歯に近い機能を持っている理由の一つに、歯の土台である「歯根」がしっかりと埋め込まれてることにあります。歯というのは歯茎にただささっている状態なのではなく、根っこがあり、それが歯茎の奥深くまで根付いており、顎の骨が支えているカタチになります。なので、まずインプラント治療で行われるのは、歯根の作成です。これを行うためには手術が必要で、技術を持った医師でないと執刀ができません。トラブルが報告される原因の一つに、未熟な歯科医が執刀するというものがあります。名医のいる歯科が確かに存在します。が、その歯科にいる全員の歯科医が名医とは必ずしも限りません。中には実績の少ない未熟な歯科医が混ざっている可能性も否定できないのです。なので、くれぐれも良い歯科医にたどり着くのが必要になります。良い医者というのは単に技術が高いだけでなく、患者の話や相談・悩みをよく聞いた上で適切な治療を行なってくれる医者です。話は少し逸れましたが、インプラントは手術ですので、歯茎にまず人工素材でできた歯根を埋め込むことから始まります。そこから何ヶ月か経過を見て、良好であれば人工の歯を被せる段階に移ります。人工の歯根に使われている素材は、主にチタンと呼ばれる金属になります。身体への拒絶反応が限りなくゼロに近く、安全と言われている素材です。そのため、安全にインプラント治療を受けられるでしょう。インプラント治療を受けて虫歯の対策を行いましょう。