歯科に行って虫歯を治す~虫歯治療対策ナビ~

歯医者

喫煙者は注意

看護師

歯周病治療において最低限必要なのが、禁煙になります。ようするに喫煙は口腔内の健康に悪影響を及ぼしているという意味になります。まず、タバコにはニコチンが含まれているため、歯茎の血行を悪くしたり、唾液の分泌を減退させます。これによって歯周病は悪化しますし、歯茎の健康も飛躍的に悪くなります。血行の悪くなった歯茎を見たことがありますか?既に喫煙中の人であれば悩んでいることかもしれませんが、喫煙が歯だけでなく歯茎の色も不健康に見せてしまいます。もちろん、歯にも色素沈着するため、黄ばみが出たりします。これでは健康的な口腔内とは言えませんよね。インプラント治療においても、喫煙者…特にヘビースモーカーの方は歯科医から治療を断られたり、止められたりするケースが多いようです。理由は上記と同じく、歯茎の血行が悪くなり、健康状態が損なわれているために術後の経過が良いものにならないと判断されるからです。喫煙している方で、インプラント治療を断られたり、まずは禁煙を勧められた方は、その医者に技術が無いと考えてしまうかもしれませんが、寧ろ逆です。医師であれば患者の健康を考えるのは当然ですし、良い医者は無理な手術を決して引受けません。ただ、喫煙して虫歯が発生していたら、治療してくれる歯科もあります。そのような歯科で治療することにより安全に虫歯を減らすことが可能です。虫歯を減らす際はインプラント治療の前に治療を受けることが大切です。